カードローン 増額 否決

カードローンの増額は否決が多い?!

消費者金融とは違い、銀行のカードローンは増額に否決される可能性が高いと言われています。

 

確かに銀行のカードローンの審査に落ちても捨てる神あれば拾う神ありということで消費者金融に申し込んでみたら融資を受けることができた、ということはあります。
よく聞く話ですね。
実際の審査項目はその金融会社によって違うものの、基本となる項目に変わりはありません。
属性の与信スコアリングというのを聞いたことがあるでしょうか。
この属性というのは年収や支出として考えられる項目を細かに分けたもの。
年収はもちろんのこと、家族構成によっても考えられる支出は違いますし、職業も重要になります。
これらの属性にはそれぞれに点数がつけられることになりますが、条件がよいほどに与信スコアリングは高い点数を出します。
例えば公務員で持ち家がありそのローンも完済し、夫婦で子供なし。
これは非常にスコアリングが高くなります。
反対にアルバイトで賃貸に住んでおり他社からの借り入れもある。
これではスコアリングの結果は目に見えています。

 

銀行ではこのような与信スコアリングの点数が厳しく設定されていると言われています。
審査項目は似たようなものであってもそれぞれの点数が少ないということですね。

 

カードローンの契約ができていたとしてもそこから増額ができるかどうかはまた別問題です。
与信スコアリングも気になるところではありますが、まずは返済を確実に遂行しておくのは欠かすことができないところです。